FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

これで終わったな

僕を帰りの新幹線でいじめた集団には
「小学校時代の友人だった女子」が含まれていました。
僕は非常に絶望しました。
楽しかった「黄金時代」さえも否定されたような気分
になったからです。

この中学校で彼女(恋人)を作れない。
そんな結論に達しました。
なぜなら女子は群れるからです。
僕が「この人と恋人になりたい」と自分から
オファー(申し込み)をしても

「え、あいつと付き合うの?止めた方がいいよ。
だってあいつ、気持ち悪いし」
とその(仮に)僕がアプローチした女子の親友や
知人がストップをかけるであろうことは
目に見えていました。

修学旅行の帰りの新幹線では男子2人が僕の目の前で
踊り出しました。

状況を説明します。
退屈だった僕は電車内で寝入りました。
それを「怪しい」と僕に聞こえるような大声で(大きめの
声のトーンで)彼ら(いじめ加害者集団)は会話し始め
ました。そして

「よーし、こいつが本当に眠っているかどうか
確かめてやろう」と思ったのか彼らは自分の席を立ち
僕の寝ているそばまできて、踊りを始めました。

「何してるの君たち?」と隣に座っていたクラスメイト
(親友ではない)がツッコミを入れていました。

その行為はすぐに止みました。
その後軽食の時間が来て僕は目覚め、何事もなかった
かのように僕は新幹線内で残りの時間を過ごしました。

多少の個人情報保護のための脚色は混ざっていますが
この出来事は本当に起きた出来事です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する