FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

ちびまる子ちゃん

アルコール依存症系の連載はお休み(延期)して
違うことを書きます。

僕は小学生時代「ちびまる子ちゃん」が嫌いでした。
なぜなら性、恋愛の存在しない世界を描いていたからです。

恋愛に積極的な女の子は登場します。
しかし相手(対象)の男子は興味がなくて、ずれた
コミュニケーションになっています。

僕はこのマンガのある登場人物と同じあだ名で
小学校5~6年生のとき、呼ばれました。
まるで「あなたは不細工な顔で、恋愛なんか興味がない」
のだ。そう間接的にクラスメイトに言われているようで
辛かったです。

学校の先生から授業中にその名で呼ばれて、屈辱で
泣き出してしまうこともあった程です。

口に出して
「俺をこの名で呼ぶのはやめてくれないか」
と言えれば理想でした。しかし勇気が出なくて
言えずに終わりました。

ギャグマンガのひとつだ。
そう割り切れば良かったのですが
あの当時はそれができませんでした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019年01月07日(Mon)15:00 [EDIT]