日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

部屋の家具6

俺のパソコンの右隣にはADSLモデムがある。そこからLAN
ケーブルが俺のPCとつながっている。
今回は、俺は一人暮らしを始めた直後の、インターネット回線開通
前後についての話をしよう。

以前話したとおり、俺は一人暮らしを始めるまでは実家(大田区)の
インターネット回線を使用していた。それでレンタルサーバーを
借りて、高校卒業直前にはもうHPを運営し始めていた。
俺は一人暮らしのアパートでも当然インターネットを使えるように
なりたいから、すぐに申し込んだ。俺が頼んだのはDION(KDDI)
のADSL回線だ。

順調に手続きは進んだ。
「身分証明書をコピーしてFAXで送信してください」と言われた
から、近くのコンビニでパスポートをコピーし、同じくその機械で
KDDIの会社へFAX送信した。しかし、それ以降いくら待っても
音沙汰がない。仕方なく直接問い合わせしてみると
「登録住所が分かりません」と言われ、さらに「あなたが直接
NTTへ電話して、調べてください」とまで言われた。

だから俺は指定された電話番号へ電話し、住所を質問した。
すると確かにその通りで、アパートの名称が少しだけ違っていた。
だから俺はそれをKDDIの人へ教えた。

そうしたらしばらくして。「10月13日(?)に回線が通じます。
NTTの職員の人が、小さな作業をしにやってきます。料金を
取られることはありません」という手紙が俺の元に届いた。
(日付は少し違っていたかも)

そしてその指定日には。予定通りNTTの人が来て、簡単な作業を
して帰っていった。そうしたらその日から、インターネットが使える
ようになったんだ。あの日はすごく嬉しかったね。

それまで俺は自宅でネットが使えなかったので、一週間に一度実家へ
もどり、そのパソコンを使って仕事をしていた。「週に2日」の
送信予定だった無料メルマガを臨時で「週に1回」に変更して、
なんとか仕事を続けていた。必要なデータをフロッピーディスクに
保存し、それを持って実家へ帰る。そんな作業を毎週続けた。

だがその日以降。そんなことする必要はなくなった。
家の中で。
パソコンが使える。インターネットが使える。
そんな当たり前の喜びを噛み締めた瞬間だった。

そして今も、こうやって家でパソコンを使っている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

パソコンが使えた瞬間の喜び、よくわかります。
僕は今自分の部屋でパソコンが使える環境なんですが、以前家族専用のパソコンにウィルスが発見され、パソコンを使ってインターネットをやると海外のサイトに飛んでしまうのでリカバリをすることになったんですが、僕を含め、家族にパソコンの知識はなく、ただインターネットをすることしかなかったんですよね。そのとき父の会社の人が家に来てパソコンを復興してくれたとき、本当に嬉しかったです。当時は友達からホームページのつくり方を教えてもらったり、オンラインゲームにハマってた時期だったのでパソコンが出来ない時期は非常に辛い思いをしました。当時は本当サッカーとパソコンしかやることがありませんでしたね(笑)
それから、僕はウィルスやスパイウェアの研究をして、今はパソコンをインターネットでしか使っていない人よりは知識があると思います。これも失敗してから得たものだと思います。

ロム | URL | 2007年02月24日(Sat)15:31 [EDIT]


コメントありがとうございます

そうでしたか。やはり困難、トラブルは自分にとって大きな力に
なりますよね。ちなみに僕はいま使っているウイルス対策ソフト
は、0円です。英語のソフトであり、インターネットからダウン
ロードして使い始めました。信用できる雑誌にそれが紹介されて
いたので、そのURLにアクセスして調べてみました。
僕は英語が得意です。大学に行かないと決めてからも、英語の授業
だけは真剣に受けてきました。その成果がでたのでしょう。
辞書を片手に、操作の仕方は簡単に理解できました。いまのところ
アップデートなどの作業も問題なく行えています。
「なるべくウイルス対策に、お金を使いたくない」と思って
調べたからこそ、手に入れた方法だと思ってます。

なおき | URL | 2007年02月24日(Sat)17:40 [EDIT]