日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

小阪裕司さん

これからはシリーズのような形で、俺が影響を受けたこの世の著述家を
紹介していこうと思う。第2回の今回は「小阪裕司さん」だ。

「人をワクワクさせてこそ、商売の売り上げは上がる」
彼の主張を一言で言い表すと、こうなる。
ただ商品を売り場に並べるだけでなく「どうすればお客に喜んで
もらえるか」「どうすればお客に役立つ情報を提供できるか」など
のことについて考える。それが彼の主張する商売のやり方だ。

「そんなこと当たり前じゃないか。どんな会社でもやってるよ」
って思う人もいるかもしれない。だが彼のやり方は少し違う。
それはさっきも言ったように「ワクワク」だ。彼自身が主催する
コンサルティンググループの名称は
「ワクワク系マーケティング実践会」
俺自身もここのニュースレターを購読していた時期もあるから、彼が
どのようなことをしているのかはよく分かる。

俺にとって、彼の著作との出会いは衝撃的な影響を与えた。
それまでは「無料メルマガを与えます。こちらへどうぞ」みたいな
無機質な、感情のこもらないHPを作ろうとしていた。だが彼の教え
に出会えてからは「HPを読んでくれた人を喜ばせよう」という
ミッションの元、彼らの心を豊かにしようという意図を持って
文章を構成していった。

「気持ちを込める」
「ネタを仕込む」と言えばいいのかな。彼の主張は
「俺たちはエンターテイナーだ」というもの。
商売人である俺たち自身が自らの感性を磨き、よりお客をワクワクさせ
る行為をしてこそ商売だ、というのだ。
「俺たちは芸人だ」とも言ってたな。

人に喜びを与えることこそが商売だ。
俺にとって、そんな彼の主張はすごく納得できた。
ただ商品を相手に与えるだけでなく。このご縁を大切にして相手の
人生をより豊かに、より快適にするための手助けをしてあげよう。
彼は繰り返しそう述べている。

彼の教えの成果として
「女子大生からファンレターがくるお米屋さん」とか
「毎日が楽しくて仕方がない、とまで言っている酒屋さん」
「大幅な売り上げアップを果たした布団屋さん」
みたいなことが起きている。これらのお店には同業者からの視察が
頻繁にくるという。

「売り上げを上げて、会社を大きくする」ことではなく
「小さな規模で、人を大きく喜ばせること」もまた商売のあり方の
一つなんだよ。俺は彼の著作からそう教えられた。
俺はあのHPを立ち上げた当初「これを会社組織にして、もっと大きく
日本中に発信したい」という気持ちが少なからずあった。でも
彼の本を読み進めていくうちに、その思いは消えていった。

「お客と近い距離を保って、小さな世界の中で物を売る」
そんなスタイルを目指すべきなんだと知れた。
(続く)

代表著書 あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

継続し続けます。

旧サッカーステーション掲示板が新しくなりましたね。
ひょっとしたら僕が開設した掲示板から流れていっちゃうのかな、と思い、掲示板消去を試みようとしましたが、あっちの新しいサッカーステーション掲示板のなおきさんのレスを見て、継続し続けようと誓いました。
ただ、これだけの報告です。

そしてタイトルを変えようと思ったんですけど、即席に考えられなかったので、皆さんに考えて頂けるようにスレを立てました。とりあえず「サッカー質問・相談掲示板(仮)」というタイトルを付けておきました。

これからもよろしくお願いします。

ロム | URL | 2007年03月06日(Tue)15:14 [EDIT]


ありがとうございます

そうですか。継続してくれてありがとうございます。すごく
嬉しいです。あの掲示板が再開したことで、ロムさんが「もう俺の
役割は終わったな・・・」と感じて掲示板を閉鎖してしまうかも
しれない。そう不安だったので、すごく安心しました。

今後とも、よろしくお願いします。
お互い良い掲示板の雰囲気を作るために、がんばっていきましょう。

なおき | URL | 2007年03月06日(Tue)17:36 [EDIT]