日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

七田眞さん

右脳開発の第一人者、七田眞さんについて紹介しよう。現在の世の中
には児玉光雄さんとか川島隆太さんなど似たようなことをしていら
っしゃる人はいるが、この人が最初だ。「超右脳革命」という本を
書いて、90年代に著作界へデビューした。

この人は同時に幼児教育の専門家でもある。子供の「イメージをする
力」を育てることに力を入れた「七田チャイルドアカデミー」という
教室も運営している。全国に数百の教室がある。本もたくさん執筆
している。この人は大量生産型の作家なので、書かれている内容は
どれもほぼ同じだ。だが、書かれていることはすごくためになる。

七田さんの教えの中で、俺が最もためになったのは「本質的な記憶力を
高めろ」という言葉。学校で出された宿題、テスト勉強をただやる
だけでは、効率が悪い。「記憶力そのもの」を高めるためのトレーニ
ングを繰り返してこそ、頭は良くなる。「知識の量」じゃなくて
「記憶力そのもの」を高めるんだ。彼はそう教えている。それを伸ばす
ことができれば、簡単に新しいことを記憶できる。テストでも短時間
勉強するだけで、いい点が取れるようになる。彼はそう教えている。

これをたとえると、こんな感じかな。
ボロボロに錆び付いた自転車を一生懸命こぐ前に、自転車のメンテナ
ンスをしよう。そうすれば一生懸命ペダルをこぐことなしに、スイスイ
と道を進めるようになる。

悪い記憶力で長時間机に向かう前に、頭の良さそのものをトレーニング
で鍛えよう。そうすればほんの少し勉強するだけで、驚くほどいい点が
取れる。

彼の主張する「右脳開発トレーニング」というのは、そのような意図を
持ったトレーニングだ。

ちなみに厳密に言うと彼の「右脳開発」というのは「イメージを描く
能力を開発する」という意味だ。最新の科学的研究によると、イメージ
という行為であるからといって、それが完全に右脳で処理が行われて
いるわけではないらしい。

だがそんなことはどうでもいい。彼の「右脳とは何か」という理論的
な説明は俺も首をかしげるばかりだが、具体的なトレーニングメニュー
については素晴らしいの一言でしかない。荒削りな部分もあるけど、
ものすごく役に立つ。

「頭が悪いんだったら、頭を良くすればいい」
HPでも言ったけど、これを大切にしよう。
「俺は頭が悪いんだ。だからダメなやつなんだ」と思っているのなら
頭を良くするための努力をすればいいんだよ。簡単なことだ。
ただ嘆くだけでは何も始まらない。勉強の成績がこの世の全てでは
ないけれど、勉強の成績が良ければ人生の選択が広がるのは事実だ。
これは否定しようがない。

ちなみに俺はこの七田さんの本を読んで、短時間で勉強を終わらせる
ことができるようになった。だから、勉強をサボれた。
平均点より少し上をかろうじて取れる程度の勉強だけをやり、あとの
時間は全てサッカーのために費やした。おかげで試験期間中は勉強も
あまりせずに、本を読んだり読書をしてばかりした。自由時間が多か
ったので、ゲームもたくさんできた。

勉強を頑張りたい人も。
勉強以外に夢を持っている人も。
七田眞さんの本を読んでみよう。
どちらの人にも役に立つ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

右脳

僕は、某県内の私立高校に通っているのですが今とても勉強に困っています。勉強が足を引っ張り、補習のせいで春の部活の合宿にいけない可能性もあります。
最悪の場合、学校を留年してしまうかもしれません。

「記憶力そのもの」を高めるためのトレーニ
ングを繰り返してこそ、頭は良くなる。「知識の量」じゃなくて 「記憶力そのもの」を高めるんだ。

そうですよね。これが「考えながらの努力」ですよね。
何もはじめから勉強をがんばる必要もなかったのですよね。
なんだか少し気持ちが楽になりました。僕も、七田さんの
本を読んでからもっと楽に勉強をしようと思います。
なおきさんの文章は、非常に参考になりました。
ありがとうございます。

高校生 | URL | 2007年03月23日(Fri)21:21 [EDIT]


コメントありがとうございます

コメントありがとうございました。失礼ながら僕は勉強については
あまり苦労したことがなく、成績は良い方をキープしていました。
高校もサッカーをやるために、1ランク下の高校を受験したので
学校ではトップクラスの成績を保てていました(決して僕の頭が
すごくいい訳ではありません)。でも宿題の量が多く、かなり無理を
しながら勉強(宿題)をやってました。

それでもいろいろ試行錯誤した結果として、勉強がすごく楽になり
ました。七田さんの本のほかにも自力で試行錯誤を重ね、「効率の
よい勉強はどうすればいいのか」について全力で考えていました。
僕は勉強が大嫌いです。だからこそ「勉強の量を減らすための
試行錯誤」は全力でやりました。大好きなサッカーや気晴らしと
してのゲームを、たくさんやるために。

最初の一歩として、七田眞さんのトレーニングはものすごく効果的
です。ぜひ読んでみてください。

なおき | URL | 2007年03月23日(Fri)22:36 [EDIT]