日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

センター2 高岡理論22

そして「側軸」を始めとする補助的なセンターを含めると、実はセンタ
ーというものは複数存在する。

人間が直立する姿を正面から見たとしよう。そうすると中央に普通の
「センター」がある。そしてそのセンターの両脇に、背骨の太さと同じ
幅で2本の側軸(第1側軸)がある。そして前回書いた第2側軸が
あり、さらに体の両脇のところに「第3側軸」が通る。これでまずは
7本のセンターが確認できたね。

そして今度は、横から人間を見たとしよう。そうすると体の表面の
ところに「第1軸」があり、「第2軸」「中軸」と続き、そのあとに
「第3軸」がある。この「第3軸」が基本となる、ベースの「中央軸」
である。そして最後に背中に近い場所に「第4軸」が通る。
これで5本のセンターが見えた。

前から見て7本。横から見て5本。
高岡英夫さんは人間のセンターには、これだけ
の数があると考えている。(詳しくは「センター・体軸・正中線」をご覧
ください)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する