日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

口コミ 神田理論4

次に紹介するのは「口コミ(くちこみ、お客様同士の会話によって商
品が有名になり、物が売れていくこと)」についての神田昌典さんの
理論だ。

現代日本の社会において。商品を売るために「口コミ」は非常に大切に
なります。想像してみてください。あなたの信頼する友人、家族が、
「この商品いいんだよ!使ってみて!」と笑顔で何かを教えてくれた
なら。「ふーん、どれどれ?」と何の警戒心もなくそれを試してみる
に違いありません。そしてその商品が本当に良いものであるのなら。
きっとあなたもそれを使い始めるでしょう。きっとお友達も喜びます。
だからこそビジネスマンたちは「消費者が口コミを起こしやすいような
工夫」をするべきだ。神田さんはそう主張していました。

詳しいテクニックについては彼の書籍「口コミ伝染病」に譲るとします
が、ここでは簡単なコツだけについて説明します。最も大切なことが
あるとすれば・・・それは「お客様の行動を予測する」ということ
です。

例えばあなたがゲームソフトを口コミで販売拡大したいとします。
その時に大切になるのは「誰が、どんな場所で、どのような形でその
ゲームソフトの話題を友達と共有するか」ということになります。
例えばそのゲームが「10代後半の男性が、学校の友達と、休み時間
や帰り道などで頻繁に会話する(であろう)」という予測が立てられる
ものであるならば、口コミを促進する小さな工夫として
「カバンにつけるキーホールダー」
「携帯電話につけるストラップ」
「ノートに貼ることのできるシール」
などをプレゼントする。そんな方法が存在します。それらに描かれた
ゲームのキャラクターをみて
「ねえ、それっていったい何?」
「これはね。風来のシレンというゲームのキャラクターだよ」
「ふーん、そうなんだ」
・・・
と、友人たちの間でそのゲームのことが話題に上ります。
何もしない状況よりも、商品の認知度の割合が高くなると考えられる
でしょう。

もちろんコスト面など、ほかに様々に考慮すべき点は多いです。ですが
「口コミが起こりやすい工夫をする」ということ。これは絶対に
考えておくといいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する