日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

捨てる 舛田理論6

換気の次に彼が提唱しているのは、「捨てる」です。つまり家の中の
いらない物を捨てろと。

あなたの部屋を見渡してみてください。どこかに要らなくなった不要な
物は置いてありませんか?それを無理のない範囲でいいですから、
少しずつ捨てていってください。

ベロベロに伸びた下着。
古くなったタオル。
使わなくなったゲームソフト。

「売る」でも「他人にあげる」でもかまいません。大切なのは「自分の
部屋の中から処分する」ということです。「いつか売りたいと思って
るんだけど、なかなか踏み出せない」と思っているのなら。これを
機会に捨ててしまってはいかがでしょうか。

あと注意して欲しいのは「ものすごく大切な、思い出の品」は捨てない
こと。「あると元気になる。辛いときに読み返すと(見てみると)勇気
がもらえる」という類のものは、捨てずにとっておいて大丈夫だと
思います。あくまで「要らないもの」を処分するんだという原則を
忘れないようにしてください。大切なものは捨てなくていいのです。

そして「不用品の処分」が終わったなら、次のステップに進みます。
次は「汚れ取り」です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する