日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

炒り塩? 舛田理論9

そして最後に、舛田さんが行うよう提唱しているのが「炒り塩」という
作業だ。市販の塩をフライパンで炒って、それを床に撒く。そして
それを箒や掃除機で取り除く。そのような作業をしろと言った。
・・・
だがこれも俺は一度も行ったことはない。家にフライパンがないし、
何より「あまり意味がないな」と思えたから。舛田さんの本で一番大切
なのは「掃除をすることが大切だ。掃除をすれば心身の状態が快適に
なる」という大まかな理論のこと。彼の本に書かれている「具体的な
掃除方法」の1つや2つを無視したって、それほど効果に大きな差は
出ることはないだろう。いつか一度試してみたいとは思っているが、
これだけのためにフライパン等を買い揃えるまでの気力はない。

これで舛田光洋さんの理論の紹介は最終回とします。最後にみなさん
に言っておきたいのですが、無理はしないでください。俺は初めて舛田
さんの本に出会ったとき「ふーん、そうなんだ(でも、俺には精神力が
ないから、掃除なんてできないよ)」と思い、真剣に掃除に取り組む
ことはしなかった。1日や2日がんばってみたときもあったが、それで
も忘れ去られてしまった。「ああ、やっぱり続かなかった」と落ち込む
だけだった。

だが何故か知らないけど、1,2ヶ月くらい経ってから。自然に「掃除
をしてみようかな」という気持ちがうまれた。そこで「無理のない範囲
でいいから、コツコツと掃除をしよう!」という大き目の決意を最初に
持ち始めた。それ以降の俺の活躍については既に書いたとおり。

だから、この「舛田理論」のシリーズを読んで。「良いことが書いて
あるけど、俺にはとても実践できそうにないな」と感じたのなら。
遠慮なく無視してしまってください
この教えが本当にあなたにとって必要なら、忘れてしまった頃に再び
あなたの元にこの理論が戻ってくるでしょう。そうなってからもう一度
このブログ記事を読み返したり、必要とあらば舛田さんの本を読んで
みればいいでしょう。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

舛田さんの本の紹介「悩みスッキリ!「そうじ力」バイブル
4コママンガと、前述の「おまじない的」な掃除の説明がたくさん
書かれている本。軽い気持ちで楽しく読めるでしょう。
「そうじ力」でミラクルモーニング!
「朝の時間に掃除を行ってみてはどうか」という舛田さんの最新理論
を紹介しています。
図解幸せを呼ぶ「そうじ力」 “天使が舞い降りる空間”づくり
舛田さんの本の基本事項の再確認と、実践者の体験談がたくさん
書かれています。文字も少なめです。
図解夢をかなえる「そうじ力」
舛田さんと、斎藤一人さんの弟子である舛岡はなえさんとの対談が
収録されています。文章全体は通常版の『夢をかなえる「そうじ力」』
とほぼ同じです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

舛田さんの理論の感想

僕も自分の部屋を持っているのですが、綺麗になっている状態が多くありません。いつも母などに「部屋が汚いから掃除しなさい」と言われてからやり始めるんですけど、そのときはほぼ半日かけて掃除をして、綺麗にしていました。これがまた1週間経つと漫画の読みかけが部屋に散らばったり、お菓子の袋が落ちてたり、ゲーム機が置きっ放しになったりと汚くなり始めます。でも「この間掃除をしたばかりだから大丈夫かな?」と思ってしまい、放っとくとまた汚くなって・・・の繰返しになります。以前掃除をしてから多分二ヶ月くらい経っていると思います。
そして今日久しぶりに休みだったので、掃除を始めようと思っています。この舛田さんの理論は僕にとって大変参考になる理論でした。ありがとうございます。

ロム | URL | 2007年04月29日(Sun)16:47 [EDIT]


感想ありがとうございます

コメントありがとうございます。やはりロムさんも、「部屋が汚い」
ということで悩んでいたのですね。僕も高校時代は母に「もっと
頻繁に掃除機をかけなさい」とよく言われていました。それでも
継続的な掃除習慣は身につくことなく、いつかまた再び言われる・・・

そして一人暮らし時代はうるさく言ってくる人がいなかったので、
部屋は汚れ放題でした。ゲーム機が埃で壊れないよう、タオルのよう
なものを上からかぶせたりしていましたが、やはりそれでも埃が
たまって、ゲーム機の周囲だけ(箒が掃けないので)汚れていました
ね。今となっては懐かしい光景です。

僕が書いた舛田光洋さんについての文が、ロムさんのお役に立てた
ならすごく嬉しいです。これからも自分のやり方で掃除を続けて
いってください。最近ブログ本文についての感想のコメントが少な
かったので、すごく励まされました。ありがとうございました。

なおき | URL | 2007年04月29日(Sun)18:31 [EDIT]