日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

運がいい人の共通点 浅見理論1

今回からは浅見帆帆子さんの言葉の紹介へ入ります。

彼女の著書に共通して流れる主張は「誰でも運のいい人になれる」と
いうもの。彼女は学生時代、そして社会人になってからも周囲の人間を
観察していたそうですが、全体的に見ると「運がいい人」と「悪い人」
の2種類のタイプの人間がいると気が付きました。運がいい人は危ない
場面になってもなぜか解決策をつかみ、現状を打開する。いつも幸せな
毎日を送っている。運が悪い人は「どうしてここまで!」と思う程
不幸な出来事に連続して遭う。せっかくチャンスを掴んでも棒に振って
しまったり、アクシデントが起きて全てがダメになる・・・

そんな2種類の友人たちを観察して「どうやら、運がいい人というの
には共通点があるらしい」と気付いた。そしてそれを自分自身に当て
はめて実験してみたところ、驚くことに彼女自身の運が良くなった。
そのご自身での研究成果を、この著書で発表しています。
あなたは絶対!運がいい

その「運がいい人の共通点」とは・・・驚くほどシンプルです。
「いつもニコニコと楽しそうに過ごしている人」。
他人の愚痴や悪口などを言わず、周囲への親切を忘れずに、感謝を大切
にして生きている。そんな人がいつも幸運をつかめる、というのです。

そこで浅見さんは「運のいい人になるために」ちょっとした良いことを
してみよう、と提唱しています。つまり
・周囲の人間に優しくする
・掃除や整理整頓をきちんとする
・他人の悪口をあまり言わない
・困った人がいたら助けてあげる
など。このようなことを意識的に実践し続けると、その人の運が良く
なります。

それが、浅見さんの主張です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する