日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

財布 佳川理論2

「お金を手に入れたいのであれば、良い財布を使いなさい」。
佳川奈未さんはそう主張します。

あなたが今使っている財布は、キレイですか?その色・デザインは
気に入っていますか?「この財布、何だか好きじゃないなあ」という
思いを抱えたままお金を入れ、財布を使い続けるのは、あまり良いとは
言えないでしょう。

もしそのデザインが自分にとって納得のいくものであるならば。自然に
お金を使うことが楽しくなります。お金を取り出し、店員に差し出す。
その動きが、楽しそうになるでしょう。ですから自然に「私はお金が
好きだ」という思いが間接的に強まり、お金と精神的に良好な付き合い
ができるはずです。「無駄使い」「衝動買い」のような「ストレスに
よる暴走行為」が非常に少なくなり「自分自身が本当に楽しめる、本当
に欲しいと思うこと」にだけ、集中的にお金を使えるでしょう。

俺はこの教えを聞いてから、新しい財布を買いに行った。
近所の5つくらいの店を回って「どの財布が俺に最も合っているだろう
か・・・」と探し回った。その結果、無印良品の財布がいいなという
結論に達したので、それを購入することにした。それまでは誰かから
もらった、小学校時代から使っている古い財布を使い続けていたが、
これを機会に一気に取り替えることにした。その結果、お金を使うのが
楽しくなった。

参考文献「願いがかなう100の方法

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する