日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

イメージング 佳川理論3

この佳川奈未さんも、浅見帆帆子さんと似たようなことを言っている。

あなたが叶えたいと願うその夢。それが実現した瞬間を、ありありと
リアルに、強く思い浮かべなさい!そうすれば絶対、あなたの夢は
叶います!


だが俺はこの教えは好きではない。何度も繰り返すが俺の場合、「夢を
イメージし続けた結果、それでも夢は叶わなかった」人間だから。ちな
みに佳川さんは上記の言葉の続きとして「もしあなたの夢が叶わないと
したら、あなたは本当にそれを望んでいないか、思い描き方が弱いから
です!」という言葉も言っていた。だけど俺の場合、それは当てはまる
のだろうか・・・よく分からない。

誤解されると困るから、ここで俺自身の「願望実現のためのイメージ
ング」に対する意見を書いてみようと思う。

その1 効果はある
以前も話したけれど、「願望達成の瞬間を思い描く」という行為そのも
のを、全くの無意味だと言うつもりはない。俺はイメージングの結果と
して「最後まで諦めない強い意志」だとか「前向きに、努力し続ける」
という能力を手に入れることができた。だから
毎晩寝る前に(起きた直後でもいい)、自分の夢が叶ったその瞬間を
数分間、イメージで思い浮かべる。達成した瞬間の喜び、嬉しさなどを
心でありありと感じる
」という行為。あなたの願望を叶えるために、
非常に効果的であると断言しよう。モチベーションアップに、大きな
力を発揮する。

その2 「必ず」叶うとは言い切れない
だけど「100%必ず叶う」という言葉は信じない方がいい。

その3 奇跡も信じるな
よく、成功哲学関係の書籍には「イメージングを続けた結果として、
最後の最後で偶然が重なり、信じられないけれど本当に夢が叶ってしま
った!」という体験談が数多く登場する。だけどこれも、信じない方が
いいと俺は思う。だってこれは「ごく一部の人」にしか現れないはずだ
から。俺は「小さな幸運、シンクロニシティ(偶然の一致)」だったら
たくさん経験したけれども「自分の思い描いた願望が、奇跡が起きて
急に実現した!」という体験は、一度もしたことがない。だから
「奇跡は起きるかもしれない。だけど、それを当てにしてはいけない。
『夢が叶うと信じて前へ進む』ことは大切だけど『きっと奇跡が起きて
何かが変わるのさ!』という他力本願な考えは、捨てた方がいい。
偶然奇跡が起きたらラッキーというくらいの、軽い気持ちでいた方が
いい」と思っている。

俺は他者の教えを「盲目的に信仰する」行為だけは、やめて欲しいと
思っている。「きちんと自分の頭で考えた上で、正しいかどうかを判断
する」「自分で実験して、その言葉が正しいかどうかを確かめてみる」
というくらいの覚悟を持っていた方がいいのではないか。どんなにすば
らしい著者であっても、間違いは犯す。「真実ではない理論」を、
悪意はないにしろ、周囲の人へ伝えてしまう可能性を背負っている。
だから「自分を信じる」こと。「自分で考えたその結論、自分で出した
実験の成果」を大切にして、自分なりの「人生観」「成功哲学」を
持っておいた方がいいと俺は考える。

参考文献「幸せな奇跡を起こす本」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する