日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

トイレ掃除 小林理論1

ある日とある研究者が「大金持ちに共通点は、ないだろうか」というこ
とに疑問を感じました。そこで彼は、世界中に調査団を派遣して、
徹底的に、洗いざらい、ありとあらゆる事象について調査しました。
そうしたら何と、たった一つだけ。
共通点が見つかったのです。それは
「トイレの蓋をきちんと閉めていること」・・・


この話が事実であるかどうかは分かりません。ですが、このようなお話
から、小林正観さんの理論は始まったといいます。この話を、とある
講演会会場で、聴衆に話した。そうしたら何と
「トイレの蓋を閉めていたら、臨時収入が入った!」という人が続出
したそうです。更に詳しく話を聞いてみると、「トイレのふたを閉めた
ついでに、トイレの汚れが気になった。だからそれも掃除するような
習慣がついた」と多くの人が言いました。

だから小林正観さんは「どうやらトイレ掃除をやると、臨時収入が
入ってくるらしい」という理論を、著書や講演会場でたくさん話すよう
になったといいます。

ここにロジック(論理的考察)は存在しません。
ただ「このような事実が起きましたから、このような仮説が立てられ
ますよ」と、言っているだけです。

しかし最近は「トイレ掃除をすれば、金運がアップする!」的な書籍
が大量に出版される今日です。
ツキを呼ぶトイレ掃除」とかね。

「芸能人のAさんは、トイレ掃除を熱心にやってました」
「素手でトイレ掃除をやると、臨時収入のケタが1つアップします」
「トイレには『うすさま明王』という神様がいるのです」
「7番目の七福神は、重い荷物を持っているから、最後に残ったトイレ
が持ち場になりました。その荷物には、金銀財宝が入っています」

などなど。
「トイレ掃除を熱心にやればいいですよ」の根拠として、たくさんの
理由が後から追加されていきましたが、その原点は「冒頭に書いた、
トイレの蓋についてのお話」なんだそうです。

これを理解しておくと、彼(小林さん)の理論の成り立ちが良く分かり
ます。

この人は年間300回以上講演をしていらっしゃる方です。
「ありがとうの言葉を、たくさん言いましょう」
「いつも笑顔でいましょうね」
などなど。日常生活で基本と思われる事柄を、「作り話」を交えて
面白おかしく伝える、という職業の人です。

ですからその自然な流れとして「掃除」「トイレ掃除」それを丁寧に
きちんと行いましょう。そのような話も当然、しゃべります。「そわか
の法則(掃除、笑い、感謝が大切だ)」という理論も、主張していま
す。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ストラクチャー・クオリティ・モビリティについて教えて下さい。

サッカー小僧 | URL | 2007年06月07日(Thu)09:43 [EDIT]


身体意識の性質

ストラクチャーというのは「身体意識の形」のことです。例えば
センターというのは「線」の形をした身体意識になります。下丹田と
いうのは「円形の塊」という形をしています。

クオリティというのは「身体意識の性質」のことです。例えば中丹田
というのは「熱性のクオリティ」を持っています。胸が、心が暖かく
なるような、そんな性質を持っています。またセンターというものに
も「柔軟性のあるセンター」とか「(ある程度)固い、しっかりと
したセンター」など、個人によって性質が違うといいます。

モビリティというのは「身体意識の運動性」のことです。また再び
センターを例に取ると、「上から下へ流れていくようなセンター」を
持つ人間もいれば「下から上へ」という性質を持つ人もいます。ちな
みにバスケットボールのマイケルジョーダン選手などは、「上下動」
というモビリティをもったセンターを形成しているみたいです。

なおき | URL | 2007年06月07日(Thu)11:23 [EDIT]