日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

小魚のたとえ 甲野理論4

甲野善紀さんが好んで使うたとえ話を、もう一つ。

海の中で、魚が泳いでいます。
大きな魚もいれば、小さな魚の群れもいます。
大きな魚が方向転換するときは、体を大きくくねらせて、力強く方向を
変えますよね。
しかし「大きな魚と同じくらいの大きさの、小魚の群れ」だったら、
どうなるでしょうか?おそらく大きな魚よりも素早く、瞬時に「サッ」
と方向を変えられるでしょう。体が小さい分、水の抵抗が少ないので
す。

甲野善紀さんは自分の技の「素早さ」を説明する方法として、この
「小魚のたとえ」をよく使います。
全身に繊細な意識を向け、体中の筋肉全てに注意を向ける。そして
その「筋肉全てが」独立した存在であるかのように、「筋肉全てが
小魚の群れのように一斉に」方向転換するような感じで、自らの体を
操り方向転換する・・・
(あくまで僕個人による解釈の試みです。間違っている可能性もあり
ます)

だからこそ甲野さんは、俊敏な体使いができる。
そう主張していました。

参考文献「縁の森
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すね毛

僕は生まれつき、すね毛が濃くて悩んでます。それに関連して腕毛も濃いです。人一倍濃くて悩んでます。
そりたいのですが、剃るとクラスの人たちに、男のくせにそるなとか、体育の時間じろじろ見られたりします。
それに、好きな人に毛深い事をしられると嫌われたりします。これは毎年夏になると悩んで去年までは、なんとか半そでまでには、なれたのですが、今は、絶対に無理状態です。
体育の時間は6月から9月の終わりまで、半そで短パンにならなくてはいけないので、毎回体育の時間は、つらいです。
そして生まれつき肌が白いので、毛が濃くて、人一倍目立ってしまうんです。
さらに、毛深い事で辛い思いをしたのは、特に去年の7月の上旬ごろの塾です。もう気温は上がってきて皆は普通に半そで短パンなんです。ですが僕は、一人だけ長袖長ズボンのジャージ。かなり暑いです。そして、このまま行っていたら(塾に)絶対に変だと思われると思ったんです。しかも塾には、僕のすきな子がいたんです。だから逆になれなくて・・・。
そして本当は、塾を続けたかったのに長い休みを貰うことにしました。本当は夏期講習も毎日行きたかった。普通に半そで短パンになりたかった。
何でこんなに悩んでるだろうと思うのは、自分でいうのもなんなんですが、顔がかわいい系で好きな子ともうまくいっていたんですよ。ですが、いざ涼しくなって10月から塾にいきはじめたら、また夏がきてしまい今度こそ受験があるから親に辞めるなんていったら怒鳴られるし自分自身も辞めたくはないんです。
なおきさんは、こんなの知ったこっちゃない問題だとおもうのですが、お願いです僕を助けてください。でもなおきさんにも言ってほしくない答えがあります。それは「別にそんなの気にしなくていい」とかそっち系は皆から言われるんですが、そんなの気休めにしかならないからです。
いろいろ長く書きましたが、お願いします。最後のほうに聞いてるぶんに失礼な事をお書きしたことを深くお詫びもうしあげます。

はや | URL | 2007年06月21日(Thu)22:46 [EDIT]


補う

そうですか。体の悩みというのは、辛いですよね。僕も変声期の
ときなどには「声が低くなって欲しくない」とか、当時の僕はいろ
いろ悩みが多かったです。それに「恋愛」的なことが混ざると、
ますます複雑になりますよね。

僕がアドバイスするとしたら「気にすることだ」と言っておきます。
「毛深い」ことが短所だと、はやさんが自覚しているのなら、それ
は事実なのでしょう。「深く悩みすぎてしまう」ことも含めれば、
確実にはやさんの生活にマイナスになっています。

解決策があるとすれば「別の何かで補うことだ」ということです。
例えばはやさんのその性質が「マイナス30」だとしたら、それ以
外の自分の長所を「プラス50」にすればいいのです。そうすれば
総合得点で「プラス20」になれます。おそらくその好きな子から
も好かれるでしょう。

ただし「大きな短所」を補うためには。
それ以上の「ものすごく大きな長所」が必要だと思ってください。
僕自身「背が低くて、体が細くて、無口で、無愛想」ということで
悩んでいましたが、その「短所」を補うだけの長所は決して、手に
入れることはできませんでした。いつも女子からは「どうでもいい
普通の人」として扱われ、僕に対して向き合ってくれる人は、すご
く少数派でしたね・・・

いまでは「プラス」の面が大きくなったとは感じますが、高校時代
の僕は「総合得点でもマイナス」だったと思っています。

ですから本当に「好きな子に好かれたい」と思うのであれば。
「本を読みましょう」とアドバイスしておきます。
「人から好かれる、良い性格になる」ためには、僕の経験上「本」
が最も効果的です。「恋愛」について書かれた女性向けの本なんか、
いいかもしれません。それを男性であるはやさんが読めば、逆に
「女性の気持ち」が分かるようになるはずですから。
「自分だけにしかない、短所を上回れるだけの長所」を身につける
ことを目指して、前へ進んでください。

なおき | URL | 2007年06月22日(Fri)00:31 [EDIT]