日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

感性の教育 七田理論6

ちなみにもう一つ。七田眞さんの右脳教育で育つものがある。それは
「豊かな感受性」だ。

考えてごらん。
「赤い花が花壇に咲いてたよ。そこにハチがぶーんと飛んできて、
花びらに止まったんだ」と、子供がしゃべるとき。
「花」「花壇」「ハチ」「花びら」という単語を知っていないと、
自分が体験した状況を、正確に描写することはできません。
「単語力、日本語の力の不足する子供」の場合。
「視界の端で、何か動くものが通り過ぎた」という程度の認識しか
できないでしょう。

豊かな言語能力は、感性の豊かさとなる。
美しいものを「美しい」と主張できる、心の豊かさと変わる。
自分の「感情」を、「感性」を、他者と分かち合える喜びを知るように
なる。

「小さい頃から知識ばっかり詰め込んでは、豊かな感性が育たない」と
主張する人は多い。
だが全くの逆だ。
ベースとなる知識が不足している人間は、感性の豊かさすら手に入ら
ない。


だからこそ七田眞さんの教えで
「短時間勉強するだけで、物を記憶できる子供」を育てよう。そして
様々な場所で、思いっきり遊ばせよう。
そしてその子供の話を聞いてあげよう。
その「素朴な感覚」から紡ぎ出される世界を、共に味わってあげよう。

そうすることで、生まれるんだよ。
「感性豊かな、情緒豊かな子供」がね。

必ずしも「七田式教育」を行う必要はないけれども
「豊かな感性」には「言語能力」が必須だということ。
つまり「頭のいい子供ほど、記憶力の高い子供ほど、豊かな感性を
持ちやすいんだ」ということ。
それだけは覚えておいて欲しい。

子どものための右脳学習法

これで七田眞さんの教えの紹介は終わりです。また「他者の理論紹介」
も終わりになります。ここまで読み続けてくれた人、ありがとうござい
ました。

次回からは「マンガ」についてのお話に入ります。最初は「ホーリー
ランド」について書こうと思っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

周りの人間の知識不足

この話は非常に共感できます。私は強いチームでサッカーがしたいという理由だけで高校、大学は自分の学力よりも低い学力の選びました。そのため、相手に知識がないため私の話や感動が回りに伝わっていないということが多くありました。

しかし同窓会で再開した新学校に進んだ友達には話や感動が伝わることが多かったです。このギャップを体験して、自分も進学校に行ったほうが仲の良い友達を多く持てたんじゃないかと思いました。

また知識不足の人間は主体的でない人間が多いことも感じました。知識が少ないために、行動の選択肢が少なく、文句や愚痴を言う人間が多い。そんな人に自分はならないように、これからも様々な知識を身につけたいと思います。

それから個人的な感想ではありますが、揺る体操は、ストレッチと組み合わせると絶大な効果を発揮すること実感しました。以前腰痛が治ったとこちらにコメントを載せましたが、今度は歩き方まで変わってきました。もも裏を使った重心の高い歩き方に、少しずつ近づいてきました。

どうやら効率的な体の使い方には、筋肉や関節の真の部分の柔らかさだけでなく、関節の稼動域の大きさも必要なようです。

ss | URL | 2007年06月24日(Sun)02:09 [EDIT]


人生

そうですか。共感していただけたようで嬉しいです。僕も「サッカ
ーのために学力のレベルを下げて高校受験し、そして合格した」
人間です。ですのでssさんと同じような経験はしました。
「自分の学力に合った高校を選んだ」僕の弟などは、話の合う良い
友達に出会えていて、すごくうらやましかったですね。

僕も「知識を磨き上げる」行為は、ずっと続けていきたいと願って
います。誤った教えに騙されて、間違った方向へ進まされてきたの
がそのまま、僕の人生です。「勇気を出して話しかけろ」の矛盾な
んて、良く考えれば分かるはずなのに、激怒に身を震わせている
(当時の)周囲の大人たちには、全く理解できていなかったみたい
です。「冷静な状況でも」「とっさの場面でも」両方とも、自分が
適切な言葉を口に出せる人間になりたい。これは僕がいつも願い
続けていることです。「周囲の大人の、ちょっとした失言や何気な
い悪口」。これによって精神を大きく削られることなど、僕の人生
にとっては非常に日常的でした。

ゆる体操ですが、更に大きな効果が出てきたようで良かったですね。
僕も自分なりにいろいろ改良して、自分のライフスタイル、性格に
合った方法を作り上げてから、無理なく継続できるようになりまし
た。これからもssさんなりの試行錯誤、工夫を続けていってくださ
い。

なおき | URL | 2007年06月24日(Sun)05:04 [EDIT]