日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

伊沢マサキ ホーリーランド1

今回からはマンガについてのシリーズに入ります。最初は「ホーリーラ
ンド」について。ちなみに「ホーリーランド1」と書いたのは、決して
「第一巻」という意味ではなく、「ホーリーランドについて書いた文章
の一つ目」である、という意味です。

最初に取り上げるのは「伊沢マサキ」という登場人物。この物語の
主人公である「神代ユウ」と仲が良く、また年上であるため、彼の
困難な状況に対して、いつも的確なアドバイスを返している。

だが彼自身はどうなのか?
実は彼は、ほとんど他者からアドバイスは受けていない。事情があり
この「ストリートファイト(喧嘩)」の世界に足を踏み入れてからは
ほぼ独学で、喧嘩の技術を高め、「路上のカリスマ」と呼ばれる地位を
築き上げてきた。

俺はね。最初はやはり「神代ユウ」と自分が似ている、と思った。
だけど最近になって「伊沢マサキ」とも共通点が多いなと感じるように
なった。

俺は、これまでたった一人で歩いてきた。サッカーに関する悩みも、
日常生活で感じた様々な疑問も、全て自分の頭で考えて決断を出して
きた。読書を続けてきたけれども、それは俺の「メインの道」には
ほとんど役に立たなかった。少なくとも18歳まではね。だからこそ
「同じ道を歩もうとしている人間」に対してアドバイスができる立場に
あるのだけど。肝心の俺自身の人生はまだ何一つ変わらない。

俺は「高校卒業後に、このHP作成運営、という道に入った」ときに、
このように考えていた。
この道へ進んだとしても、俺は決して幸せになることはないだろう。
ではなぜ、この道へ進むのか?
ほかに進むべき道がないからだ。
ただ自分が救われることを求めての戦いは、まだまだ続く。
戦いの場所が、変わるだけ


正直なところ、この「ホーリーランド」の今後の展開については、
「神代ユウ」よりも「伊沢マサキ」に興味がある。彼が今後、どのよう
な方向へ進んでいくのだろうか・・・

ホーリーランド 第13巻
伊沢マサキの過去が書かれている巻です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕の兄は、僕のことをマネばかりしてきます。もうほんとにいやになるくらいです。例えば、最初は、ゲームでした。マリオカートで、ショートカットのやり方などを真似してきました。それ位ならまだ良かったのですが次は、ゆる体操の動かし方を真似してきました。これもまだ良かったのですが、つぎは、しぐさを真似してきました。例えば、僕が鼻を触るのが癖だったとしましょう。そしたら次の日などに、兄は、鼻を触ります。何度も真似するなと言ったのですが、ずっと真似してきます。どうすれば兄が僕のことを真似しなくなるでしょうか。

サッカー小僧 | URL | 2007年06月25日(Mon)11:57 [EDIT]


癖を変えてしまう

そうですか。大変ですね。
解決策ですが、ゆる体操の場合は「一人で行う」のはどうでしょう
か。無理にお兄さんと一緒にトレーニングを行う必要はありません。
「俺は一人でやるから、向こうへ行っていてくれ」とでもお願いし
てみましょう。

仕草については、サッカー小僧さん自身が変えてしまうのが一番
です。「鼻を触る」のであれば、サッカー小僧さん自身がその癖を
変えてしまうことです。そうすれば何も真似できなくなります。

癖を「変えられない」のであれば・・・「無視する」ことですね。
「放っておく」ことではなく、そのお兄さんの全てを無視するので
す。話しかけられても、答えない。遊びに誘われても、無言で無視
する。そうすれば向こうは「どうして俺の言葉に返事をしないんだ
?」と言ってくるはずです。そこで

「俺の仕草を、真似するのをやめてくれ。そうすれば無視するのを
やめる」

と返すのです。これはあくまで「最終手段」であり、あまりお勧め
しません。ですがこのような強硬手段も可能だということを覚えて
おいてください。

なおき | URL | 2007年06月25日(Mon)15:46 [EDIT]


あの、まだ仕草については、まだ、言ってないんですよね、
言っても、真似してないよ、とか、証拠は、とか、言われそうです。なので、どうすれば、良いでしょうか。

サッカー小僧 | URL | 2007年06月26日(Tue)11:19 [EDIT]


誤解を招くような行為

それならば「誤解を招くような行為はしないでくれ」と返すのです。

「俺が立ち上がった直後に、一緒に立ち上がらないでくれ。」
「俺が鼻を触った直後に、同じように鼻を触るな」
「偶然なのかもしれないけど、俺は嫌なんだ」

ということです。「誤解を招くような行動をする、お前が悪い」
「なるべく誤解を招く行動は、しないでくれませんか」と言って
みてください。

なおき | URL | 2007年06月26日(Tue)13:29 [EDIT]