日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

ロデュウ 金色のガッシュ29

チータという女性をパートナーに持つ魔物「ロデュウ」。彼はゼオンの
手下としてガッシュと戦いました。

しかし戦闘中、彼はゼオンを裏切りました。しかし一方的に負かされ、
体をボロボロにされてしまいます。それでも攻撃を続けようとする
ロデュウの姿に。チータは怯えてしまうのです。

「俺はもう、戻れねえ」
「だがお前はまだ、前を向けるだろ?」
「強く・・・生きろ」
「お前自身が強ければ」
「もっと笑える」
「しっかり立てる」
「ほれる男も出てくる」

金色のガッシュ 第28巻
ロデュウは最後にそのような言葉を残して消えていきました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やる気

僕は夏休みの宿題が大嫌いです。小学生の時も、夏休みの
宿題で大変苦労した苦い思い出があります。

そして今、中学になってもやはりやる気がおきません。
僕は数学が大の苦手で、もう問題集を見ただけで、
「やりたくないなぁ・・・」とすぐテレビや漫画になります。

こういった「宿題」などのやる気をおこすにはどうしたらい
いでしょうか? 

母からは、
「やれば出来るのにやろうとしないからダメなんだ 」
と、言われましたが、やる気はおきませんでした・・・。

ケン | URL | 2007年08月19日(Sun)14:54 [EDIT]


母親

ちなみに話は変わりますが、ケンさんは僕の言った「人の悪口を言
わない」という行為。きちんと努力して行っていますか?僕の指示
を無視されるのでしたら。僕が何を言っても無駄ですね。自分でい
ろいろと試行錯誤して、自分のやり方を見つけてください。僕はそ
うやってこれまでの人生を生きてきた記憶があります。ケンさんに
もそれはできるはずです。他人から教えられた「A」というアドバ
イスが無理だった。ならば「ほかに何かないだろうか」ということ
を「自分の足で」探しに行くのです。「自分で」図書館に行って、
本でも借りてくるのです。ヒントになるような文章を見つけたら、
それを「自分が」実行してみるのです。そして失敗したなら、もう
一度図書館へ向かいましょう。それを永遠に繰り返してください。

7つの習慣ティーンズに「自己信頼残高」というお話があります。
自分で自分に自信を持てるだけの毎日を送っていれば。自然にあな
たは「立派で誠実な」人間になれます。小さな約束を守る。周囲の
人の迷惑をかけない、最低限の行動を必ず行う。愚痴や不平不満ば
かり言っていないで「いま自分にできることは何だろうか?(第1
の習慣)」と問いかける。そんな毎日を続けましょう。

母親は完璧な存在ではありません。彼女の教えを盲目的に信じて僕
はものすごく苦しみました。ですから僕がケンさんにアドバイスで
きるとしたら「母親を信じるな」「母親のアドバイスよりも、自分
が本を読んで見つけ出したアドバイスを大切にせよ」「母親の言葉
がいつも100%正しいなんて、ありえない」「母親も人間だ。時
に失敗した『間違ったアドバイス』をしてしまうことがある」「母
が『八つ当たり』『嫌がらせ』『復讐』として、自分に対して理不
尽な家族のルールを押し付けてくるときもある」「母親が兄弟全員
に平等に接することなど不可能だ。厳密な意味では『ひいき』のよ
うなものは必ず存在する」
・・・
覚えておいてください。

なおき | URL | 2007年08月19日(Sun)18:53 [EDIT]


宿題

そして宿題についてですが、僕は「やるな」と言っておきます。
宿題をやらないまま、そのまま9月1日に突入してください。そし
て友達に「お前なんで宿題やってこなかったんだよ!」と馬鹿にさ
れ母親に「ほれ見なさい。あんたが悪いんでしょ!」と嘲笑され。
先生に「お前ふざけんなよ」という、冷徹で残酷な目で見られるこ
とを目指しましょう。僕がアドバイスできるのは
「宿題を忘れなさい。そしてそのまま学校へ行って、先生などに
叱られなさい」
ということになります。

なおき | URL | 2007年08月19日(Sun)18:55 [EDIT]