日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

はたけカカシ NARUTO6

ナルトが下忍(階級の低い忍者)として、忍者として活動を始めることになった
とき。「はたけカカシ」という上忍が師匠につきました。彼の弟子にはほかに
「サクラ」と「サスケ」がいました。

しかし後に、サスケはカカシの元を去ります。というより「木の葉の里」自体を
抜けて、別の人を慕い、己の術を磨くことにしました。それに納得のいかない
ナルト、サクラは「サスケに木の葉の里に戻ってきて欲しい」と今(連載中の
今現在の展開)も思っています。

あるときナルトとサクラは「サスケ」に再会します。面影を残しながら、どこか
冷淡な。別人になってしまったような雰囲気を出したサスケに。力ずくで止め
ようとすらするのですが。圧倒的な力を前にして、「ヤマト」もろとも全員が
一人に負けてしまいます。

ヤマトとカカシ、ナルトが修行を続けていた時期(前回のブログ記事に書いた
時期です)。ナルトは全力で修行に励みます。それを見ていたカカシは
ぽつりと
こう言いました。

「サスケがそうさせているんだ」

NARUTO 第三十五巻
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する