日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

うちはサスケ NARUTO7

「うちは一族」という、木の葉の里で「忍者の名門」と認知される血筋の下に
生まれた少年、うちはサスケ。

彼には兄がいました。「うちはイタチ」という人物です。
しかしイタチは一族を裏切り、木の葉の里を抜けます。
「暁」という、問題行動を起こす団体に所属することになりました。
サスケは、そんな兄を恨んでいます。

話は変わりますが、以前とある戦いにて、サクラが捕まりました。
しかしそれを、ナルトが助け出しました。事情を知らないサクラは、てっきり
サスケのおかげだと思って、お礼を言いに来ます。「ありがとう」と。

しかしサスケは当然NOと言います。「お前を助けたのは俺じゃない。ナルト
だ」。

「アイツはオマエを助けるために死にものぐるいで戦った」
「普段は見せたことのない力を見せてな・・・」

NARUTO 第十六巻
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する