日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

森乃イビキ NARUTO12

中忍試験(下忍から、一つ階級を上げるための試験)の一次選考の試験官で
あった忍者。森乃イビキ。彼は中忍試験の本選では、国境付近で警備の仕事を
していた。

そこで、仲間の忍者から質問を受けました。
「大蛇丸ってどんな人だったんですか?」

「俺はガキの頃に奴を一度見たことがある。
その頃に感じたのは
『人間じゃない』みたいな。
まるで人ではない何かが動いているような感じがしていた。
ただ怖い。ただ怖いんだ」

ちなみにこの国境は、大蛇丸の部下によって召喚された「巨大な蛇」によって
襲われます。しかし自来也の召喚した「巨大な蛙」によって倒されました。

NARUTO 第十三巻
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する