日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

春野サクラ NARUTO21

ナルト、サスケ、カカシらとチームを組んでいた少女「春野サクラ」。彼女のことを
シカマルに言わせれば「何のとりえもない忍者」であるらしい。

あるとき。大蛇丸によってナルト達が教われました。サスケ、ナルト二人が気絶して
戦闘不能状態になります。そこへ「大蛇丸の部下」が襲ってくるのです。

「リー」という別の味方が助っ人として来てくれたのですが、負けてしまいます。
だからこそサクラは、自分の意志で積極的に敵を倒しに行きます。
「今度は私の背中を、しっかり見ていてください」と。

ちなみにサクラは「筆記試験の成績優秀、エネルギーをバランスよくコントロールする」
という行為が得意だった。カカシに言わせれば「それだけに限って言えば、サスケ以上
」とも。

そんな彼女は伝説の三忍「綱手」に出会い
医療忍術を学びます。
敵、別の国の忍者から「こいつは、只者ではない」「お前は、師匠(綱手)を越える
くの一(忍者)になるだろう」とさえ言われるだけの実力者へと変貌する。

「NARUTO 第二十八巻」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する