日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

日向ヒナタ NARUTO30

うちは一族と同じ忍者の名門「日向一族」。その宗家(中心的な家系)の跡継ぎ
である「日向ヒナタ」という女性について。

彼女の1つ年上には「日向ネジ」という親戚の男性がいました。
彼は「日向の歴史上、始まって以来の天才」と呼ばれるだけの才能
を持っていました。「分家(補助的な、劣位の家系)の者が、宗家を超える
か・・・」と現当主に言われている。

中忍試験でヒナタは、ネジと1対1で直接対決することになりました。
「あなたは争いを嫌い、平和を好む。忍者には向いていない」
「だからこの試合、棄権しろ」
「どうせこの試験も、仲間に強引に誘われて参加したんだろう!」

そう言われてヒナタは
「違う。私はそんな自分を変えたくて、自分から・・・(申し込んだ)」
「まっすぐ自分の言葉を曲げない。それが私の忍道だから」
「憧れの人の前で、かっこ悪い姿は見せられないから(ナルトのこと)」
「やっとあの人が、私のことを見ていてくれる」
「ナルト君、私は少しは変われたかな」
などと言い返す。

「NARUTO 第九巻」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する