日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

ナルト2 NARUTO34

ナルトがとある事件によって「俺は弱い。俺に力が足りない・・・」と
実感していたある日(病院の病室のベッドの上で)。そこに
伝説の三忍である「自来也」がやってきます。そして
「ワシがお前の修行を見てやってもいいがのう?」と提案します。

しかし同時に自来也は
「サスケのことは諦めろ」
「あいつは大蛇丸と同じ部類の人間だ」
「自分の意志でこの里を抜けた」
「もう少し大人になれ」

しかしナルトは・・・
「大人になる」
「ってのがそういうことなら」
「俺は一生、バカな(子供な)ままでいい!」

と切り返すのです。

実は自来也は、同じく里を抜けていった同級生である大蛇丸を
止められなかったことで悔いている人間でした。
その未練が傷跡となって「お前もサスケを諦めな!」という言葉を
言わせた背景になっていました。その後も放浪の旅を続けた理由
の一つとして「大蛇丸の動向を探るため」というものが大きかった。
後にその事実が明かされます。

結局彼はナルトの修行を引き受けることになります。
「それだけのバカ、いや大バカだったら」
「どうにかなるかもしれんのお・・・」と・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

前の恋について

僕は変だと思いません。
こういう出会い方も僕はありかなと思います。
人は付き合ってみないとわからないものなので。
それと、5年間ずうっと思ってきた相手なので、このまま終わりにしたくないし悔いをのこしたくないんです。
外見ばかりにこだわってると、言われても構いません。
僕は、

はや | URL | 2007年10月02日(Tue)19:18 [EDIT]


前の続き

最初好きになっていたころは、小学校に登校している時にたまたま彼女をみて、運命のような感じが頭によぎったからです。最初の頃は別に外見は好きではありませんでした。
大体、小学2年の女の子をみて普通、あの子、かわいいなどと思う人はあまりいないでしょう。

はや | URL | 2007年10月02日(Tue)19:21 [EDIT]


「恋」の解釈

「恋」についての解釈は人それぞれですから、
「僕の解釈」をはやさんに押し付けるつもりはありません。
自分がやりたいと思う「恋愛」を好きなだけやってみてください。

なおき | URL | 2007年10月02日(Tue)21:10 [EDIT]