日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

相楽左之助2 るろ剣5

そして戦闘中。剣心は「スピード」と「連続攻撃」。
左之助は「パワー」と「打たれ強さ(殴られても倒れない、タフだ)」
を武器に、接戦を繰り広げます。

剣心の一撃が決まり、左之助が一時的にダウンしたとき。観戦して
いたその「剣術道場の師範の兄」が拳銃を取り出して剣心に発砲
しました。剣心も地面に倒れます。弥彦と薫は腰を抜かして、倒れこんで
しまいます。そこへ弟の師範本人が襲い掛かる。

しかし左之助は斬馬刀で「師範」を倒します。元々軽症だったのです。
そして剣心は立ち上がり、「兄」を倒します。刀のつばの部分で拳銃の
弾を弾いていたからです。衝撃で倒れこんだだけでした。

「決着を着けようぜ、最強の維新志士さんよ」
「相楽左之助。赤報隊の生き残りか・・・」
お互いがこのように言い、最後の勝負が始まります。

決着の詳細については、単行本を読んでください。
「るろうに剣心 第二巻」
そして左之助は剣心の「友人」「最も頼れる戦いの仲間」と
呼ばれるくらい、剣心と親しくなる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する