日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

弥助 カムイ伝1

このマンガの主人公はタイトル通り「カムイ」という男性です。彼が
生まれたときから、この物語はスタートします。彼の父親が弥助と
いう名前でした。

舞台は「日置藩」という架空の地域。時代は江戸時代中ごろ。
とある非人(農民よりも更に低い身分の人たち)の村落と、その周囲の
農民たちとのつながりが描かれます。

カムイは最初、偶然手に入れた刀を使って、武士を襲い始めます。
親友を武士に殺された恨みで、辻斬りのような行為をするのです。
あまり強くなかったのですが、幸い「武術の達人クラス」の人間を襲わ
なかったので、生き延びることができました。

そのうちにカムイは武士よりも強い人間に出会います。頼み込んで
弟子入りした浪人が、忍者の手によって殺されているのを目撃した
のです。「横目」という名前の、非人の長も忍者まがいの能力を持つ
人物でもあったので、カムイは忍者になりたいと思い始めます。

弥助のもう一人の子供に「ナナ」という女性がいました。カムイの姉
です。彼女は後に、「正助」という農民の男性と恋に落ちて結婚しま
す。

舞台背景はこのくらいにしておきます。次回からは物語に近いエピソ
ードを紹介していきます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する