日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

為末大

陸上400mハードルの選手為末大さんが書いた
インベストメント ハードラー」という本。
今三軒茶屋の本屋で読んだのだけれど、すごく参考になった。

参考になった点その1。
「自分の特性を見極めろ」
為末さんは日本スポーツ界で有名な理論である「初動負荷理論」という
やり方を一時採用していた。しかしそのせいで約3年の間スランプに
陥ったという。
「初動負荷理論は自分の走り方とは合わなかった」
「自分に合った練習方法を取り入れることが大切だ」と
彼は本で言っていた。

その2。
「本気で生きることの大切さ」
やはり彼は目の前のレース、出来事に対して全力で、本気で取り組んで
いるのが文章からすごくよく分かる。
俺もそのような生き方を続けたい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する