日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

横目 カムイ伝14

弥助、カムイ、ナナの所属する非人の部落の長、横目。
彼は目付という職業の武士と親しく、彼の部下として仕事を引き受ける
ことが多い。

草加竜之進が日置藩の領主になったとき。既に目付は職を失いそこには
いませんでした。しかし横目はそれでも竜之進のやることを邪魔します。
「俺は武士ってものが大嫌いなのさ」と、
非人と百姓の身分差別を撤廃しようと、秘密裏に工作を続ける彼らの逆行
する細工を続けます。

最終的に横目は「キギス」によって殺害されます。このときの原因は
「私たちも正助たちの一揆の兵として参加したい」と言い出して行動を始めた
非人の人間を、横目一人が止めます。
ナナ、妊娠中でお腹がふくらんでいた彼女を蹴り飛ばします。
そしてそれが原因で、彼女は叫び声を上げて苦しみ始めました。
「もうやめてくだされ」と言った弥助(ナナ、カムイの父)を今度は
刀で斬り殺して殺害。
激怒した横目の部下「キギス」が横目と戦闘し、結果的に倒れることになり
ました。

その直後、この衝撃がきっかけとなってナナの2人目の子供が無事、誕生
しました。しかし同時に弥助の死体もありました。

彼は強いですが、あまり「忍者同士の戦闘」には向いてません。
カムイの師匠「雲水」というお坊さん(風の忍者)に負けることがあり、
「サエサ」という彼の娘も、カムイを追いかけて忍者になりました。
「赤目」も、自分の目的のために横目から「スリ」の行為をして、書状を
奪い取るなんてナメた真似をします。忍者から書類をこっそり抜き取る
のですよ。

カムイは横目を一度、「瀕死の重傷まで負わせた」経験があります。
その後横目の腹にはその傷跡が残りました。のちの一揆で
「苔丸」と「正助」が逃げている途中、横目ほか非人戦士数人が彼を
襲います。あと一歩のところへ追い詰めたとき、横目が自分の体の
異常を感じ取りました。

木の上にいたカムイ(鏡隼人の変装状態)が手裏剣を投げたのです。
しかも弱く。
着物の上に刺さったその手裏剣は、なんと
横目の古傷にダイレクトに刺さるルートの手前で止まりました。
それで怖気づいた横目は正助らに向かって(カムイのことは気付かない)
「運が良かったな」とつぶやいて立ち去りました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する