日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

少しずつ書く

何かを書きたいあなたへ」というタイトルの、いわば
文章の書き方、小説の書き方についての本を読んだ。著者の
書くことに対する真摯な思いが伝わってきて、すごく面白かった。

俺がこれを読んで学びとなったのは、「俺はペースが遅いタイプなんだな」
ということ。俺は以前メールマガジンの連載をしていた時期がある。
バックナンバーはこちらに
週刊連載というペースだったのだが、アイデアが浮かばずペースを
保てなくて、すごく思い悩んだことがあるんだ。
だけれどもこの本の「自分に合ったペースを見つけて、そのスピードで
文章を書いていこう」という記述を読んで
「俺は書くペースが遅いんだ。週刊連載よりもさらに遅い人間なんだ」
ということが分かった。あの時連載を取りやめメルマガを廃刊した
決断は正しかったんだと分かり、すごくほっとした。

俺はこれでも「物書き」に属する人間。自分の書いた文章で
収入を得て、食べていくことができていた。
(最近、少し危機的な状況にあるけれど)
でも焦らずに、自分のペースを守って質の高さを保ちながら
良い文書を書き続けていきたい。

この本を読んで、そう思った。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する