日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

バッテラ ハンター12

大富豪バッテラ。ゴンととある町で出会う。
「腕の立つハンターを探している」という言葉を受けて、彼の元で働くべく
キルアと2人で試験のようなものを見せた。
「ゲームをクリアすれば大金を与える」という約束であり、ゴン本人は
「これが父親を探すきっかけになるかもしれない」というのが理由であった。

「ツェズゲラ」というハンターが彼の部下のリーダーであり、ツェズゲラへ
自分の実力を見せ付けることによって2人は合格できた。
ちなみにツェズゲラはのちにゴンたちの姿を見ていて反省させられることに
なる。
「久しく忘れていたな。あの『ひたむきさ』」
「まだまだ戦闘での総合能力は俺の方が上だが」
「基礎体力に限って言えばあいつらの方が高い」
「そういえば基礎修行なんて、ここ何年もやってなかったな」
「もう一度基礎からやり直すか・・・」

ドッジボールという、戦闘以外の行為で敵と勝負したときにこのような
言葉をしゃべりました。最終的にゴン、キルア、そしてヒソカの活躍で
ツェズゲラグループは勝利します。

「これは妻でも娘でもない」
「恋人だ」
「若い頃に不治の病に犯されて、もう何十年も意識が無い」
「このゲームをクリアすれば、とあるハンター(実はゴンの父親ジン)の残した」
「病気を治すヒントを手に入れられるはずだったのに」
「先日、眠るように息を引き取ったよ」
「金は約束どおり支払う。だからもう、いいんだ。」

バッテラは最終的にこのように言い、ツェズゲラとの契約を打ち切ります。
96%クリアしていた段階でのことです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する