日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

レイザー ハンター13

バレーボールが得意な男性レイザー。しかし本編ではドッジボールで勝負する。
「レイザーとその仲間」

「ゴン、キルア、ヒソカ、ビスケ、ツェズゲラたち」で試合をした。

戦いは順調に進み、最後にはゴンチームが勝利します。その最後のところで
レイザーはボールを投げる代わりに「バレーのスパイク(アタック)」を行いました。
ジャンプサーブ、と言った方が正確かもしれません。
それをゴンがキャッチして、そのボールを無傷でガードしました。

彼は元々「死刑囚」でした。本来一生牢獄の中から出てこれない性質の存在です。
しかしゴンの父親ジンの取り計らいにより
「一生涯、死ぬまでの絶対服従と仕事の従事」
を条件に外界に出ることができました。
「俺は働いているとき自分のことを」
「『おまえ』とか『そこのそいつ』など」
「そんな形でしか呼ばれたことがなかった」
「しかしお前の父親ジンが」
「『頼んだぜ、レイザー!』と言ってくれたとき」
「嬉しかった」
「残念ながらジンはここにはいない。どこに今いるのかさえ分からない」

試合後、約束であった「ジンについての情報」を教えるとき。
レイザーはこのように言いました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する