日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

カイト ハンター19

ある日ハンターであり、諸国を旅していたカイトは森に入りました。
そうしたら「熊」の一種が人間の12歳くらいの男の子を襲っているのを
見かけました。動物愛護が基本方針の彼は、気が進まなかったのですが
「残念ながら」
「人を傷つけた熊は」
「処分するのが決まりだ」
と言って武器を振るい、熊を殺しました。

その後その男の子を殴って「バカ野郎!」と一喝します。
「お前見ろよ」
「この木の幹に『熊の爪跡』が残ってるじゃないか」
「お前この近くに住んでいるんだろ?」
「お前の父親か誰かが、お前に」
「熊の子育て期間の印くらい」
「教えてくれなかったのかよ!!」

これが。
ゴンと。
カイトの。
最初の出会いでした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なおきさん、はじめまして。カトーといいます。
よくHPや掲示板を覗かせて頂いています。

一つ質問なのですが、なおきさんはWebからの収入で生活していらっしゃるとのことですが、現在もそうなのですか?
そうだとしたらすごいことだと思います。

もしかすると失礼な質問かもしれないのですが、僕もわずかながらWEBからの収入があり、なおきさんの生活に興味を持ったので、質問させていただきました。

差し障りがあるようなら無視してくださってかまいません。
返答していただけると嬉しいです。

カトー | URL | 2008年01月18日(Fri)22:56 [EDIT]


起業家

基本的にそうです。以前困窮したときは「このまま家賃滞納や、年
金未納になってもがんばってやる」と思ってましたが、最終的に両
親からそれら関係の援助を受けるという線で自分なりに納得しまし
た。僕にとってこの生活こそが全てであり、ここで負けたときが僕
の終わりであると思ってます。決してすごいことではありません。

2007年3月17日程度のブログ記事に書きましたが僕は
「一度生活費が極度に減り」
「両親の援助を受けるのが嫌だったため」
「徹底的にこのブログで醜態をさらした」という過去があります。
2月の終わりあたりから一気に読んでくださると分かるはずです。

僕は「あそこで負けた」時点で既に敗者であり、亡霊でしかないと
自負しています。国民年金保険料を親に頼った時点で僕は
「すねかじり」「ニート」「年収60万円クラス」というランクま
で下がりました。

これまでは
「起業家」「時間的自由な生活」「年収120万円以上」という
レベルでしたがね。

なおき | URL | 2008年01月19日(Sat)00:04 [EDIT]


ご返答ありがとうございました。
2~3月の記事を読ませていただきました。

今現在進路に迷う僕にとって、HPと同様衝撃的な内容でした。
勝手ながら参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

ちなみにサッカー掲示板のほうも興味深く拝見しております。時折書き込むこともあるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

カトー | URL | 2008年01月21日(Mon)01:04 [EDIT]