日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

クロコダイル ワンピース18

ミスターゼロという通称名を持つ「クロコダイル」という男性。
砂を武器にする、海賊でもある。
「アラバスタ」という国に在住。現在は「インペルタウン」という
町に住んでいるらしい。

ある日「アラバスタ国王」が、軍隊を引き連れて「とある村」にやって
来ました。そしてそこで「残虐行為を働いた後に逃亡」しました。
それがきっかけで国民が激怒し、「国王を倒せ」「国を倒せ」と
反乱軍を組織して戦いを開始しました。
反乱軍と国王防衛軍が「首都の広場」にて戦闘している途中、
その近くには時計塔がありました。その最上階には
「大砲」が用意されていたのです。そこにクロコダイルの部下がいて
「戦闘真っ盛りの広場へ『超巨大爆弾』を落とす」という計画でした。

ルフィたちは寸前のところで大砲砲撃手を倒し、それを阻止しました。
その甲斐もあって無事、内乱は収まりました。

「我はアラバスタの守護神」「ファルコン・・・」

「いつかまた、あなたたちと出会ったら」
「私のことを、もう一度『仲間』と呼んでくれますか」

「私にはもう生きる理由がない」「ここがどうせ最後の希望だった」
「興味が無いの」「世界が滅びるとか生きるとか」
「私が知りたかったのは『真実の歴史』」

ペル、ビビ、ロビンのそれぞれの言葉です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する