日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

アル ハガレン2

アルフォンス・エルリック。エドの弟である。
兄よりも背が高く、「こちらが鋼の錬金術師さんですか?」と言われる
ことが多い。ちなみにアルは国家錬金術師の資格は持ってません。

彼には弱点があります。体に不自由を抱えているのです。
彼の着ている鎧。その裏側にある「エドの血で書かれた紋章」を
消されると、命を落とすそうなのです。ですから
「どんなことがあっても決してその鎧を脱ごうとしない」
という特徴があります。

錬金術の腕前は最初「兄」より低かった。しかしとある日に夢の中で
「何かの門」を見たことがきっかけに、兄と同格の能力を手に入れる。
ちなみに「エルリック兄弟の師匠、イスミ」もその「門を見た」とされる。
それが原因でその師匠も体が悪い。

彼の体が「自由になる鍵」は、その門にあるみたいなのです。錬金術
の詳細は不明ですが、エドが中盤あたりで「その門を開いてみた」
ことがあります。その向こうには「アルの肉体」がありました。
エドは必死でそれを取り戻そうとするのですが、その人物は動きません。
「ダメだよ」
「君(兄エド)は僕(弟アル)の体じゃない」

「待ってろ!」「必ずお前(その本来のアルの肉体)を」
「取り戻しに行くからな(アル本人を何らかの形でそこへ連れて行く
ことによって)!」
そう叫んだあと

錬金術がタイムオーバーして、エドは普通の世界に戻ってしまいます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する