日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

理由 学校勉強1

小学校、中学校などで教えられる授業の内容というのは、
人が社会を生きるうえで、大きな基礎となります。
俺自身小学校1年生のころから、これを自覚していました。

「俺はいつか大人になる。そのときに知識が未熟であったの
なら、サラリーマンとして活動するときにとても不便だろう」
「また『電車の乗り方』『数字の計算』などは、絶対に必要な
ものだ」と。
ですから自然にモチベーションも上がりましたね。

しかし欠点もありました。「家庭科」「美術」などの授業では
「俺は絵を書くことが嫌いなのに、どうしてこんなこと
やらなくちゃいけないんだ」という思いが出て、退屈な
気分になるのです。授業が楽しければ平気でしたが、
少しでもつまらなくなると、精神的に苦痛でしたね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する