日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

認知療法のやり方6 実践

この連載の「1」から「5」の内容を実践しましょう。
例えばあなたが高校生で、毎日学校でクラスメイトと話をするのが苦手
だとします。そんな時
「人と話をする」ときの恐怖・不安の大きさをパーセント(%)で表します。
次にその瞬間の相手の気持ちを推測します。
その後「もし自分だとしたら『自分のような人間』に、どのような感情で対応
するだろうか」と考えて、それを数値で(パーセントで)表してください。

この作業を一日一回、朝自宅を出る前に行うとよいです。
最初は机の上で、紙に書き出しながら実行するとやりやすいかもしれません。
今の僕は道を歩きながらとか、電車に乗っているときなどに行えます。
(次回へ続く)
スポンサーサイト

PageTop