日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

サッカー トップ下の動き方1

トップ下(FWの後方、ボランチより前方にポジションを取る中央のMF)の
動き方を紹介します。キーワードは「バランス」です。

例えば味方のサイドハーフがボールを持っているとします。そうすると
前方にFWが待機してゴールを狙います。ボランチはそのサイドハーフの
サポートに入って中央で待機します。サイドバックが後方でいざという
時のバックパスに備えています。

このときトップ下は「中央付近で待機する」のがベストな選択肢です。
相手チームの守備がきちんとしている場合、あまりボールは受け取れない
と思います。しかしそれでも中央で待機してください。
「ロングボールをFWが競り合って、そのこぼれ球を受ける」
「カウンターアタックの際、シンプルにボールをもらう」
「クロス(センタリング)をやや後方でもらい、シュートする」
場面はあるでしょう。でも通常のボール回しではほとんど自分の出番
がないかもしれないということは心に留めておいてください。

以上は僕が教えるトップ下の動き方です。監督の具体的な指示があった
場合は臨機応変に対応してください。

応用的な動き方は次回伝えます。
スポンサーサイト

PageTop