日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

家庭内暴力の体験

僕は母親から日常的に暴力を受けて育ちました。その結果として
2つ年下の弟にも当たり前のように暴力を振るうことがありました。

しかしそんな僕を変えた本があります。
それは(キリスト教の)聖書です。断っておきますが僕はキリスト教徒では
ないです。しかし家に置いてあった新約聖書の
「右のほほを叩かれたなら、左のほほを出しなさい。あなたがたは
『目には目を、歯には歯を』というが、それでどうしてこの世から
争いがなくなるだろうか」などと書かれた箇所を読みました。

この言葉に衝撃を受けた当時の僕は、弟に暴力を振るわなくなりました。

これは昔運営していたブログで書いた内容です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する