日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

エゴイストなままでもいい

サッカーをしている、それもドリブラーの人に向けたアドバイスです。
あなたはエゴイストなままでも構いません。

最初に断っておきますが「乱暴なファール(反則)」は論外です。
激しいプレーをするにしても、それはフェアプレーの範囲内で行ってください。

また「運動量が少ない」というのもいけません。
「俺はこのチーム内で一番上手いのさ!」と威張って、自慢して
フィールドの中央で突っ立って何もしない、守備をサボるというのは
やめましょう。ちゃんと走ってください。

ドリブラー(ドリブルを多用する選手)の場合、成功するには
「視野の広さ」が必要になってくるでしょう。
ここで言う視野の広さとは「ロングパスを出せる視野の広さ」という意味
ではありません。例えばあなたが中央にいて、右に3人、左に1人の
相手選手がいるとします。このときにわざわざ3人が待っている右側に
突っ込んでいかない、という判断のことを指します。

話をまとめます。フェアプレーで、よく走り、視野の広さを持ったエゴイストで
あれば、サッカーの試合上悪い影響は出ないでしょう。

注 フォワード(FW)の場合、くさびのボールを受けた時によく
ボールをこねる(ボールを持ったらドリブルしてばかりで味方を使おうとしない)人が
存在します。これは前に言った「視野の狭い」選手だと僕は認定します。
サポートに来た味方はきちんと利用しましょう。
スポンサーサイト

PageTop