日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

ショルダータックルのコツ2

サッカーのショルダータックルにおいてぶつけ合うのは「肩と肩」です。
相手の胸や背中にタックルを食らわせないように注意しましょう。

またペナルティーエリア内では使用を控えた方がいいです。
審判の個性によっては反則と認定され、PK(ペナルティキック)に
なる恐れがあります。

そしてボールに関係のある場面で行ってください。
無関係な場面で相手にタックルをしてしまうと「進路妨害」という
立派なファールです。

それからショルダーチャージ(タックル)を行っても
「相手が激しく吹っ飛び、大きく地面に倒れる」というのでは
ラフプレーとなってしまう可能性が高いです。タックルした直後に
相手が「おっとっと」と軽くよろける、バランスを崩すくらいの強さで
実行してください。

あと、いくらあなたが健全なショルダータックルを行っても、レフェリー
(審判)の個人差によってファールと判断される場合もあります。
「ああ、この審判は激しいチャージを嫌うんだな」と試合中に分かったならば
ショルダータックルを避ける、控えるくらいのプレーの柔軟性は
必要になるでしょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する