日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

アカデミズムは嫌いだ

僕はアカデミズム(学校による学問教育)が嫌いだと思っていました。

きっかけの一つは小論文のテストです。僕は高校3年生のときに
大学受験に向けた「小論文」という教科の通信講座を受講していました。
そのとき「外国人労働者を日本は受け入れるべきか」というテーマで
文章を書け、という課題を出されました。僕は自分なりに考えて
その文章を書き、提出しました。

しかし自信のあったそのテストが驚くほどの低評価で返ってきました。
僕はショックを受けました。「そんなに簡単なことじゃない」の一言で
僕の作った理論を否定されました。

僕はそれ以降、学術業界(大学および専門的なことを教える学校)に
不信感を持つようになりました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する