日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

フットボールネーションの理論について10

脳のどこでサッカーの判断が行われているかは、あまり重要では
ありません。

僕は一時期「右脳と左脳」についての本を読み、研究していたことが
あります。頭脳を鍛えるためのトレーニングもいろいろやってみました。
その結論として言えるのは「最終的にどんな成果を出すか」が重要である
ということ。脳の活動している領域の違いは、あまり大きな意味はありません。

フットボールネーションの理論では「大脳と小脳」の違いが大切だという解説が
ありました。僕は上記の体験から、この理論を重視してはいません。

参考文献「フットボールネーション 第4巻
スポンサーサイト

PageTop