日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

フットボールネーションの理論について11

周辺視野の使い方について解説を加えます。

僕の場合「集中を均等に配れるようになった」というのが感想です。
右サイドの味方を視界の右端で捉えて、同時に左サイドに
「あ、フリーの味方選手がいるな」ということも意識できている。
僕がボランチのとき、そのような経験ができました。

フットボールネーションでは「周辺視野が使えるようになることが大事だ」
という理論が登場します。ですから僕の体験を書いてみました。

ちなみに僕が利用したのは「速読(本を速く読む)」のためのトレーニング
です。具体的な本を挙げれば
栗田式仕事力を10倍高める速読トレーニング」になります。

参考文献「フットボールネーション 第6巻
スポンサーサイト

PageTop