日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

口下手の克服1

口下手には重症と軽症の2種類あります。

重症の口下手とは「頭の中に理論がしっかり浮かぶけれども
緊張のためそれを話せない。うまく言葉にならない」ことだと
僕は定義します。

軽症の口下手とは「人前で普通に話をすることができる。
しかし少し言葉に詰まってしまったり、話題がずれてしまうことが
ある」ことだと僕は定義します。

今後この連載はこの分類に基づいて書いていこうと思います。
スポンサーサイト

PageTop