日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

無口の克服3

「無口を治したい」と主張する人に対して
「そんなことどうでもいいから人生を幸せに生きよう」と言ってくる
人がいます。僕はこのようなアドバイスを受け入れません。

もちろん「私は風邪を引いていない。健康である」とか
「学校にきちんと通えている」など、あなたの人生をしっかり見れば
それ以外のプラスの面が見えてくる場合もあります。

しかし人間関係が苦手で、引きこもりがちで、他人と話をするのが
苦手なのは事実として目の前にあるわけです。僕は「無口」という単語
ではなく「内気(内気な性格)」と自分を呼んでいましたが、似たような
状況にありました。だからこそ言えるのですが

「口下手で無口な人間」に対して
「アフリカの貧しい子供たちよりあなたは幸せなはずだ」
「あなたは五体満足に生まれてきた。ゆえにそんな小さなことは気にするな」
といった類のアドバイスをするのはおかしい。僕はそう思います。

他の方法との違い
このサイトの「プラス思考系」に関する文章を読んでみてください。
スポンサーサイト

PageTop