日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

飲み物6

寄付は「ちょっとしたお金」を出すものです。
僕はそう解釈していますし
「お金をたくさん出してください」とまるで言う
ような宣伝手法には違和感を感じます。

例えばあなたが200円のジュースを買うところを
150円にして、使うはずだった50円を募金箱へ
入れる。そんな付き合い方が賢いと思います。

ポカリスエットを買うことを躊躇する必要は
ありません。まずは自分の喉の渇きを癒し、そのあと
自分の判断で寄付額を決めればいいのです。

僕自身はこの1年で数回、少額の寄付をした経験があります。
その時に込めた願いは「社会的弱者同士で、エネルギー(金)の
交換ができたらいいな」というものです。
親のいない子供、それでも進学したいと願っている子供の
助けになればと思って某団体にお金を出しました。
統合失調症を患い、社会から無視に近い扱いを受けている
僕からの無言のメッセージです。

まずは自分の生活を(金銭面で)安定させて
衣食住をきちんとこなし、働いて
世の中の成り立ちをしっかり理解して
それでもお金を寄付したいと思った人が
やればいいと個人的には思っています。

僕は2004年頃、貧しい生活の中
「お金を寄付するべきか」というテーマで
すごく悩み苦しみました。

アフリカの貧しい子供の生活は悲惨です。という
一面的な事実のみを伝えて同情をあおるような
宣伝に穴(欠陥)があると気づいたのは
少し後になってからです。

環境危機をあおってはいけない
という本に感動し
「それなら、貧困など他の世界規模の問題も同じでは?」
と僕なりに解釈できたのが良かったと思っています。

PageTop

飲み物5

話が広くなりますがご容赦ください。

統合失調症や虐待、ホームレスなど
「日本にいる」社会的弱者、支援を必要として
いる人間を無視して

「アフリカの貧しい子供に寄付しましょう」
「募金にご協力ください」
などと言うのは変だ。
僕は個人的にそう思っています。

今回の「ポカリスエット」の紹介の文章を書きながら
ふとこんな思いが浮かんだので書きたいと思います。

学生が一時的に
「開発途上国の現状を何とかしたい」
という思いにとらわれることまでは僕は否定しません。

しかし18才を越えた大人が
「何も知らない児童、生徒」に向かって
目に見えやすい弱者にだけ支援を提供するよう
間接的に圧力をかける。
おかしいとは思いませんか?

僕の小学生時代は
「赤い羽根募金」
「あしなが育英会」
「ユニセフ募金」
の活動を見たり、聞いたりしました。

小学生に統合失調症の現状を教えないで
「世の中にはこんなに悲惨な子もいるんだよ。
だからお金を出しなさい」

と主張するのは現実とずれています。
参照 統合失調症と小学校1

(次回へ続く)

PageTop

飲み物4

スポーツドリンク類は「まずい」と感じる人が
一部いるようです。

僕も幼児期は
「フルーツジュースのように甘いけれど、少し塩味も
ある」という独特の味に戸惑いを感じた記憶があります。

しかし慣れると平気ですよ。
体に必要な糖分と塩分(その他ミネラル)を一度に摂取
できるメリットは大きいです。

ポカリスエット

PageTop

飲み物3

生き延びるためのスキルです。飲み物を買う
スキルというのは。
あなたは水分をとらなければ、体調を崩します。

ここで紹介している「ポカリスエット」は
ミニサイズ「250ml」です。
普通の500mlペットボトルより小さな大きさです。
気軽に飲めて、すぐになくなるから気持ちのストレス
が少なく飲むことができます。

PageTop

飲み物2

Amazonで売られているポカリスエット
24本入りです。念のため紹介しておきます。

買い方は他の商品と一緒です。
ログインして「カートに入れる」
「住所の入力」等を行うだけです。

PageTop